悪玉コレステロールを減らすには【きなり】

卵やイカなどコレステロール【きなり】を多く含む食べ物を避けさえすれば大丈夫というわけではない。コレステロールはどのようにして体内に取り込まれるのか、また、体内でどんな働きをしているのか見てみよう。

 

悪玉コレステロール(LDL)というのは、体内に増えてしまうと、身体に大きな問題となってきます。

 

きなりの効果

 

体重よりも脂肪を減少させた方が健康診断の数値の改善度が高いことがわかっていますし、筋肉を減らして痩せてしまうとエネルギー消費量が落ちてリバウンドしやすくなり、どんどん太りやすい体・【きなり】エネルギー循環の悪い体質になってしまう(【図1】)と言われています。

 

血液が流れにくくなる状態のことをいい、放置していると心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす危険性があります。この動脈硬化の最大の危険因子となるのが、一般的に「【きなり】」と呼ばれているLDLコレステロールなのです。

 

しかし、上の図でわかるように、コレステロールは【きなり】や脂肪からも合成される。つまり、コレステロールを多く含む食品だけを食べないようにしても、砂糖や脂肪分の多い食生活を送っている限り、コレステロール過剰は治らないのである。

 

悪玉コレステロールのパワー

 

イワシやサバなどの青魚に多く含まれるEPA・DHAは、健康な生活を維持するのに欠かせない必須脂肪酸です。

 

基準値と変動の範囲【きなり】
LDLコレステロールの基準値は、一般男女で60〜139mg/dlですが、閉経後の女性の基準値は、70〜159mg/dlと高めに【きなり】設定されています。